ファクタリングで即日資金調達するには

売掛債権を譲渡することで資金調達できるファクタリングは、最短即日で資金を調達できます。
しかし、たとえ即日での資金化に対応しているファクタリング会社を利用したとしても、必ずしもその日のうちに資金調達できるとは限りません。
まず、即日で資金調達するためには、2者間取引をすることが前提となります。

ファクタリングには、売掛先が契約に加わる3社間取引と加わらない2社間取引の2種類ありますが、3社間取引は売掛先の承認が必要となるため資金化までに時間がかかってしまいます。したがって、申し込み日に資金化するためには、売掛先への通知が不要な2社間取引を選択しなければいけません。


また、2社間ファクタリングは、一般的に申し込み・仮審査・本審査・契約・入金という流れで行われますが、審査には何種類かの書類の提出が求められます。

即日のファクタリングの情報をお知らせします。

必要書類の不足は、即日での資金化ができない原因の中でも最も多いとされているため、あらかじめ必要書類を確認しておくことが大切です。



なお、利用会社によって審査に必要な書類は若干異なりますが、一般的には商業登記簿謄本・印鑑証明書・身分証明書・決算書・契約書や注文書など売掛債権の存在を証明できる書類などが必要です。さらに、審査に通過して契約が無事に成立したとしても、銀行の営業時間に間に合わなければ資金化できるのは翌営業日となってしまいます。
したがって、できる限り早く申し込むことが大切となりますが、可能ならば営業開始とともに申し込むと安心です。



このように、ファクタリングを利用して即日での資金調達を希望するのであれば、利用する側もスピーディな行動が求められます。

また、その日になってから利用会社の選定をしていては遅すぎますし、悪徳業者に騙される恐れもあるため、あらかじめ信用できる会社を選定しておくことが大切です。